投資の本質を考える

「投資の本質ってなんだろう?」

なかなか難しい問いで、おそらく完全な答えは無いと思うのですが、私なりの解釈で書いていきますので、あまり深く突っ込まないで下さい。

ネットが普及した現在、デイトレードスイングトレード、果ては超短期のスキャルピングと様々な投資法があります。
そんな投資法に「それは投資ではなく投機だ」という意見をよく耳にします。

確かに短期トレードはゼロサムゲームの投機であり、つまりそれは投資の本質から外れるという事でもあるのですが、では投資って何だろう?

本来投資とは将来への期待が出来る対象に金を投じ、投資される側はその金を使い成長し、投資した側はその見返りを受け取るというもの。
その対象は株式を通じた企業を始め、一個人、設備、不動産、商品、金など多岐に渡ります。

しかし考えてみて下さい。
それら投資の仕組みのもっと根本にあるものというのは「お金を増やす」ではないでしょうか。

「将来性のあるものに投資する」と言えば聞こえは良いですが、その根底にあるものは常に「お金儲け」であり、それは人間の欲望渦巻くものであると。
見返りが無ければそれは「寄付」であり、見返りあっての「投資」ではないかと私は考えます。

つまり投資の本質はあくまでも「金儲け」であり、前述の投機も投資の中の一つの手段であり、投資の本質からは外れていないのではないでしょうか。

ただ、その一方で「投資の本来の姿はWin-Winであるべき」という思いもあります。
投資された側はその金を使って成長、成功し、投資した側はその見返りに投資額以上の金を得るという、どちらも幸せ理論。

もしこれが投資の本質だとするならばデイトレードをはじめとするゼロサムゲームの投機は投資の範疇から外れる事になります。
しかしこのWin-Winの考え方は投資の本質ではなく「投資の本来のあり方」ではないでしょうか。

株式投資の短期トレードに限らず、今の世界経済は金融緩和などで金余りの状態が続いており、それらが様々な市場に流れ込んでおります。

そしてそれらの大半は短期的な値上がりを期待した投機で、本来市場とは需給のバランスで値が決まるはずなのに、それを無視した値上がりが続いており、市場を動かせるだけの金を持つ人間は儲かっても、その裏で価格高騰の割を喰うのは私達庶民だったりします。

そんなのはもはや投資じゃない!

これが私の正直な感想ではありますが、これが資本主義の原理と言われればそれまでですし、投資の本質が「金儲け」とするなら、これらを否定する事は投資を否定する事にもなってしまうのです。

私の結論としては投資の根底にあるものが「金儲け」である以上、それが本質です。
投資の世界が綺麗事など通じないドロドロの心理戦である事を考えれば、尚更その思いは強くなります。

これらはあくまでも私個人の見解ですので、異論反論ドンと来い(笑)

  プロが教える投資に役立つ本当の経済学

株価の予想には様々な要因が絡み、それらを全て理解し総合的に判断するのは非常に難しいもの。特に現在は米の利上げや原油安、中国の失速に地政学的リスクなど様々な懸念材料があり相場の予想をより難しいものにしています。

そんな困難を極める情勢を「10MTVオピニオン」では投資や経済のプロがこれからの相場予想に役立つ情報を分かりやすく、かつ鋭い視点で切り込んでいます。

  • <主な出演者>
  •  ■ワールドビジネスサテライトの解説でおなじみの経済学者 伊藤元重
  •  ■日銀審議委員も歴任した日本屈指の経済学者 植田和男
  •  ■シティグループ証券 チーフFXストラテジスト 高島修

今なら登録後1ヶ月無料で視聴できますので、これを機会にぜひ一度10MTVオピニオンで本物の経済学や投資法に触れてみて下さい。

関連記事


総ページビュー
ユニークアクセス