ミネラルウォーター宅配事業に参入するには

みなさん、ミネラルウォーターは飲んでいますか?

昔から現在に至るまで水道水は「カルキ臭い」と言われており、実際に消毒のための塩素がどうしても残りますからカルキ(塩素)臭いのは当然であり、そういった理由もあって近年ミネラルウォーターは完全に市民権を得、実際に消費量や金額もほぼ右肩上がりで推移しています↓

ミネラルウォーターの金額推移

アクアクララ それに伴いよく目にするようになったのがミネラルウォーターの宅配サービスで、中でも「アクアクララ」は玄関先の空瓶や宅配の車など本当によく目にします。

アクアクララに限らずミネラルウォーターの需要増をチャンスと捉え様々な会社が「水ビジネス」に参入しており、玉石混交の様相を呈しています。

アクアクララは全国的にフランチャイズを展開しておりますし、同じく水宅配ビジネス大手のクリクラも「代理店」という形態で全国展開していますが、小さいものまで含めると水宅配事業を行っている業者は相当な数に上ります。

私の知り合いの新聞販売店でも「水ビジネスを始めようと思っている」という話をしており、要はどこかのフランチャイズに入るという事らしいですが、果たして儲かるのか?

アクアクララを例に、フランチャイズ契約の簡単な内容を見てみると…

■弊社とフランチャイズ契約をしていただき、水の製造から顧客開拓/顧客管理/日常業務(受発注/宅配/集金/メンテナンス)の事業全ての業務を行っていただきます。

…となっています。

つまり「アクアクララ」というブランドと商品を使えるようになるというだけで、営業から配送から集金、サーバーのメンテナンスまですべて自分の会社で行わなければならないのですが、この辺は飲食店やコンビニなどの一般的なフランチャイズでも同様です。

ではそれら一般的なフランチャイズと同様に、店舗と人員を用意し教育や研修を受ければ、しっかり利益を出せるようになるのでしょうか?

その辺も含めて次のページで詳しく説明していきます。

  プロが教える投資に役立つ本当の経済学

株価の予想には様々な要因が絡み、それらを全て理解し総合的に判断するのは非常に難しいもの。特に現在は米の利上げや原油安、中国の失速に地政学的リスクなど様々な懸念材料があり相場の予想をより難しいものにしています。

そんな困難を極める情勢を「10MTVオピニオン」では投資や経済のプロがこれからの相場予想に役立つ情報を分かりやすく、かつ鋭い視点で切り込んでいます。

  • <主な出演者>
  •  ■ワールドビジネスサテライトの解説でおなじみの経済学者 伊藤元重
  •  ■日銀審議委員も歴任した日本屈指の経済学者 植田和男
  •  ■シティグループ証券 チーフFXストラテジスト 高島修

今なら登録後1ヶ月無料で視聴できますので、これを機会にぜひ一度10MTVオピニオンで本物の経済学や投資法に触れてみて下さい。

関連記事


総ページビュー
ユニークアクセス