マックやモスの原価から見るファーストフード

皆さんファーストフードは好きですか?

まあ人それぞれ「マックが良い」「ケンタッキーが好き」「やっぱりモスモス」…など好みはあれど、ファーストフードの食べ物が嫌いという人は少ないと思います。

そんなみんな大好きファーストフードですが、原価の噂についても色々耳にする事が多く、よく言われるのが「ポテトとドリンクの原価は恐ろしく低く、逆にハンバーガーは原価が高いので、ファーストフード店はドリンクやポテト、それらが付随するセットメニューで利益を上げている」というもの。

…という訳で、ネットなどで適当にマクドナルドとモスバーガーの原価を調べてみました。

マクドナルドとモスバーガーの原価

価格に関しては、基本的にこの原価がネット上に流出した当時のものであり、()内は現在の価格なので、大幅に安くなっているモスのハンバーガーやチーズバーガーなどは原価もそれなりに下がっていると思われます。

とりあえずこの原価表がどこまで信用できるものか分かりませんが、一説にはマクドナルドの原価率は約30%でモスバーガーの原価率は45%程度と言われていますので、それにあてはめると上記の表もある程度信憑性があると思われます。

とはいえマクドナルドで原価10〜20円程度のポテトがモスバーガーでは76円というのはちょっと疑問が残りますが、モスは品質や産地にはこだわりがあるようなので、マクドナルドより原価が高いのは想像に難くない…けど、76円はないと思う。

ドリンクの原価はどちらも極めて安く、利益の中心にあるのは間違いなさそう。

様々なファーストフードで半額クーポンが存在するチキンナゲットも、原価を見れば半額で提供しても十二分に利益は出るのでしょう。

最近マクドナルドを始めとしたファーストフード店はコーヒーに力を入れており、無料券なども頻繁に配布していたりしますが、数円のコーヒーをタダで提供しても、かわりに他のメニューを頼んでもらえれば利益は十分に出るという寸法。

世間一般的にはマクドナルドよりモスバーガーの方が味が良い代わりに高いというイメージがありますが、昔に比べマクドナルドは相当値上げしていますから、大して変わらない水準になっています。

そうなってくると客層や店内の雰囲気から味まで、マクドナルドがモスバーガーに勝てる要因はほとんどありませんので、そりゃモスバーガーに行くわ…というのが私の超個人的な意見です。

でも店舗数の多さからマクドナルドもたまに行きます。

100円マックのバーガー系を単品で複数個しか頼まない嫌な客だけどね。

プロが教える投資に役立つ本当の経済学

株価の予想には様々な要因が絡み、それらを全て理解し総合的に判断するのは非常に難しいもの。特に現在は米の利上げや原油安、中国の失速に地政学的リスクなど様々な懸念材料があり相場の予想をより難しいものにしています。

そんな困難を極める情勢を「10MTVオピニオン」では投資や経済のプロがこれからの相場予想に役立つ情報を分かりやすく、かつ鋭い視点で切り込んでいます。

  • <主な出演者>
  •  ■ワールドビジネスサテライトの解説でおなじみの経済学者 伊藤元重
  •  ■日銀審議委員も歴任した日本屈指の経済学者 植田和男
  •  ■シティグループ証券 チーフFXストラテジスト 高島修

今なら登録後1ヶ月無料で視聴できますので、これを機会にぜひ一度10MTVオピニオンで本物の経済学や投資法に触れてみて下さい。

関連記事

あわせて読みたい関連記事



カテゴリ一覧

総ページビュー
ユニークアクセス