一目均衡表:雲の活用とねじれについて


一目均衡表を語る上で真っ先に出てくるのが「雲」です。

一目均衡表 基本

「この画像何回使うんだよ…手抜きすぎだろ…」というツッコミにもめげずに3度目の登場になる上の画像を見てもらうと分かるように雲は先行スパン1と先行スパン2に挟まれた領域を指し、一目均衡表について詳しくない方でも「雲」という言葉は聞いた事あるのではないでしょうか。

雲の一般的な使い方として一番簡単なものに「ローソク足(現在値)が雲の上か下かで相場の強さを測る」というものがありますが、雲を形成している先行スパンは抵抗帯としても機能するので、現在値が雲の上にあるのであれば雲はトレンドラインでいう支持線的な役割を果たし相場を下支えする一方、現在値が雲の下にある場合は逆に雲(先行スパン)が抵抗線となります。(下図の黒い○)

一目均衡表 雲の抵抗帯

雲は抵抗帯として機能するが故に、一度雲を上抜ければそれだけ相場に勢いがある事になるので上昇トレンドに入る場合が多いですし、雲を下抜ければ売り圧力が強い事を意味し、下降トレンドに移行する事が多くなります。

現在値が雲の中にある場合は相場に迷いが見られ、雲を上抜くのか下抜くのか注視する必要があるのですが、不安定な事に変わりはないので雲の中に入ったら現在保有している株を一度決済してしまうのも一つの手になります。

雲は厚みがあるほど…つまり先行スパン1と先行スパン2の間が広いほど抵抗帯としての機能は強くなり、逆に雲が薄い場合は簡単に抜けてしまうと言われていますが、雲が厚かろうが薄かろうが抜ける時はアッサリ抜けてしまうのであくまでも参考程度に覚えておいて下さい。

そして一目均衡表の話をする上でたびたび話題になる「雲のねじれ」についてですが…

一目均衡表 雲のねじれ

上図の赤丸の部分は先行スパン1と先行スパン2が交差する場所で「雲のねじれ」といい、相場の転換点や変化日になるという話も聞きますが、上図を見ても雲のねじれが相場に影響を与えているようには見えませんし、実際大した影響はないというのが私の個人的見解です。

まあ、ねじれた部分周辺は雲も極限まで狭くなっているので抵抗帯としては多少弱くなるのかもしれませんが…。

雲を使った分析は比較的単純なので多くの投資家が簡易の分析法として用いており、故に相場の心理面でも有効ですが、本来一目均衡表は雲を含め基準線の向きや転換線との位置関係、遅行スパンと現在値の状況などトータルで分析するものなので、雲だけの分析はあくまでも一つの目安として参考程度に利用して下さい。

では次のページから基準線や転換線について詳しく解説していきます。

関連記事


総ページビュー
ユニークアクセス