実は安くない激安の殿堂「ドン・キホーテ」

ドン・キホーテ 最近私が住んでいる付近にポツポツと出来だした激安の殿堂「ドン・キホーテ」。

ドン・キホーテといえば有名なディスカウントショップですし、「激安の殿堂」と自称するくらいだからさぞかし安いんだろうな〜と期待を胸に、かつての大型スーパーだった跡地に入った3階建てのMEGAドン・キホーテに行ってみたのですが…

大して安くないんだが…

ドン・キホーテに行ってみてまず感じた率直な感想は「様々なジャンルの商品を広く浅く扱っている、よく言えば『何でも揃う』、悪く言えば『すべてが中途半端』」というもの。

トライアルとヒーロー まあそれはまだいいとして問題なのは「安くない」という面で、私の住んでいる地域には食料品メインのディスカウントストアである「トライアル」と「ヒーロー」という店があり、少なくとも食料品+αに限ってはトライアルやヒーローの方が遥かに安い。

そしてその他様々取り扱っている商品も大半が専門店に比べて高く、本音を言うとドン・キホーテが何でこんなに成功したのか理解できない

もちろん特売品などピンポイントで見れば上記のトライアルなどのディスカウントストアより安い商品はありますが、ほとんどは高いためわざわざドン・キホーテに行く理由としては弱い。

それでもドン・キホーテの良い面を挙げるとすれば、欠点でもある「広く浅く」の商品郡によりウインドウショッピングをする分にはまあまあ楽しくもあり、その中で目ざとく安いものを見つけて買っていく…というのが正しいドン・キホーテの使い方でしょうか。

つまり「買いに行く」というよりは「見に行く」といった意味合いが強く、「暇つぶしに行ってみようか」と思える集客能力こそが安くもないドン・キホーテが成功している秘訣なのかもしれません。

ただ…こんな事を書くとディスカウント好きからお叱りを頂くかもしれませんが、ディスカウントショップ全般…特にドン・キホーテは上下スウェットで外出できるような、あまり頭のかんばしくない層が好む傾向にあるので、そういった層とあまり係わり合いになりたくない方は行かない方がいいのは確かです。

この辺は安売り主体のスーパーと品質主体のスーパーで客層が異なるのと一緒。

もちろん私はディスカウントストアが生活の要である貧乏底辺ですけどね…

あわせて読みたい関連記事



カテゴリ一覧

総ページビュー
ユニークアクセス